\ ひとりで悩まず仲間になろう /連絡する

2019年度活動報告書が完成しました。

2019年度の活動報告書が完成しました。
こちらからご覧いただけます!

ダウンロード(PDFファイル 11MB)

2019年度は、591名からの相談があり、中長期シェルター4軒目を増設。
夜の街でのアウトリーチ活動に10代の当事者メンバーによる『声掛けチーム』が誕生しました。

小島慶子さん、稲葉剛さん、麻木久仁子さん、
水原希子さん、桐野夏生さん、安藤優子さんなどからの応援メッセージもいただきました。ぜひご覧ください!


求人情報:支援に関わるスタッフ募集

Colaboで事務局と支援に関わるスタッフを募集します。

◆支援に関わるスタッフ募集
相談者への対応や、シェルター利用者の生活を支えるスタッフを募集します。活動の性質上、女性に限定した募集です。

◯職種:
有給スタッフ

◯仕事の内容:
Colaboでは10代の少女たちと、支援する/される関係ではなく、「共に考え、活動する」ことを大切にしています。
相談者や利用者と日常的に関わり、日々の生活での困りごとを一緒に解決したり、児童相談所や警察、病院、役所などへの同行支援や、連携機関との調整、情報管理等、利用者の生活全般を支える活動を行っていただきます。
また、水曜日の夜に開催しているアウトリーチ事業の運営を担っていただきます。

具体的な活動内容
相談者・利用者への対応(SNSやメールでの相談対応、面談等)、同行支援、シェルター利用者等の生活支援、情報管理、関係機関との調整、アウトリーチ事業の運営等。

◯雇用形態・期間:
契約社員またはパートタイムスタッフ
2021年3月末まで(4月以降は原則1年契約)

◯勤務日数、時間:
火〜土 11:00〜20:00(休憩1時間)を基本とし、活動に合わせて変動。(月ごとのシフト制)
勤務時間は相談可能。宿直勤務あり。

◯勤務地:
都内事務所を中心に活動に合わせて勤務

◯条件:
社会人経験3年以上の方
青少年支援経験のある方
ビジネスレベルのコンピューター・スキル(ワード、エクセル、パワーポイント)のある方

◯賃金:
月給20万円以上、社保完備(フルタイムの場合、経験能力による)
時給1050円以上(パートタイムの場合)
交通費全額支給

◯休日・休暇:
月あたり8日、有給休暇あり(フルタイムの場合)

◯求める人物像:
・コラボの活動やミッションを理解し、共感する方
・女性の人権向上のための熱意と行動力のある方
・「支援」をしたがらない方
・利用者に対して決めつけたり、押し付けをしない方
・前向きで明るい方
・自分だけで抱えず、協力しながら活動することを大切にする方
・環境の変化に柔軟に対応でき、自分で考え、情報共有をしながらチームで仕事を進められる方
・SNS活用の能力・経験、広報スキルのある方歓迎

◯応募方法:
下記をメールにてお送りください。
その際、メールのタイトルを「【2001支援職】応募者のお名前」としてください。
・履歴書(写真付き、書式自由)
・職務経歴書(書式自由)
・小論文「日本における性搾取/虐待問題と私」または「当事者主体の支援のあり方について」(1000字以内)

【送り先】
‭‭info@colabo-official.net‬‬
一般社団法人Colabo 採用担当宛

・応募期間:
適任者が見つかり次第終了

・選考プロセス:
書類選考・面談(1~2回程度)
活動見学、パソコンスキルに関するテスト


求人情報:事務局スタッフ募集

Colaboでは、事務局と支援に関わるスタッフを募集しています。

◆事務局スタッフ募集

事務局業務を担い、即戦力となってくださる方を募集します。活動の性質上、女性に限定した募集です。

◯職種:有給スタッフ
※必要に応じて、利用者に対する生活支援や同行支援等の補助的な活動を行うことがあります。

◯仕事の内容:
Colaboのミッション実現に向けて、法人を管理運営の側面から支える仕事です。必要に応じて、利用者に対する支援活動の補佐も行っていただきます。

事務局業務について
Colaboの活動が円滑に進むように事務局運営を行います。また、事業の進捗確認など管理業務全般を手がけ、適切な法人運営を行います。

具体的な業務内容
事務局運営の安定化、問い合わせ対応、資金獲得、会員・寄付者の管理、研修・講座の運営、総務、プロジェクトの進捗確認など。

◯雇用形態・期間:
パートタイムスタッフ、2021年3月末まで(4月以降は原則1年契約)

◯勤務日数、時間:
火~土のうち週3日~
11:00~20:00(休憩1時間)のうち1日5時間~
勤務日数・時間については相談可能

◯勤務地:
都内事務所を中心に活動に合わせて勤務

◯条件:
社会人経験3年以上の方
事務職経験があり、ビジネスレベルのコンピューター・スキル(ワード、エクセル、パワーポイント)のある方

◯賃金:
時給1050円以上
交通費全額支給

◯求める人物像:
・コラボの活動やミッションを理解し、共感する方
・女性の人権向上のための熱意と行動力のある方
・コミュニケーション能力・プレゼン能力、社交性・リーダーシップのある方
・責任感が強く、細かい業務を正確にこなし、文書作成、電話やメールでの応対等を適切にこなせる方
・環境の変化に柔軟に対応でき、自分で考え、アイディアを出したり、主体的に仕事を進められる方
・SNS活用の能力・経験、広報スキルのある方歓迎
・英語が堪能な方、経理の得意な方歓迎

◯応募方法:
下記をメールにてお送りください。
その際、メールのタイトルを「【2001事務職】応募者のお名前」としてください。
・履歴書(写真付き、書式自由)
・職務経歴書(書式自由)
・小論文「日本における性搾取/虐待問題と私」(1000字以内)

【送り先】
‭‭info@colabo-official.net‬‬
一般社団法人Colabo 採用担当宛

・応募期間:
適任者が見つかり次第終了

・選考プロセス:
書類選考・面談(1~2回程度)
活動見学、パソコンスキルに関するテスト


『難民高校生』1000冊贈ろうプロジェクト!無料で書籍をお贈りします。

10代の方向けに書籍をプレゼントします!支援団体や教育関係者からの申し込み歓迎です。

一般社団法人Colaboでは、虐待や性暴力被害にあうなどした10代の女性たちを支える活動を行っています。
代表の仁藤夢乃が「大人になる前に、中高時代の生活や気持ちを伝えたい」と学生時代にまとめた著書『難民高校生』。2013年に仁藤が企画を持ち込んだ英治出版から出版され、2016年に筑摩書房から文庫になりました。

当時の経験や想いを原点に、Colaboは活動を続けてきました。
学校や少年院など、10代向けの講演の機会も大切にしてきましたが、新型コロナウィルスの影響で、2020年3月から、講演会はすべて中止の状況です。

講演会での出会いや、少年院の入院者一人ひとりへ『難民高校生』をプレゼントしたことから支援につながったり、身近な大人に共感の気持ちを伝え、相談するきかっけになったり、自分の経験を振り返ったり、「自分だけじゃないんだ」と思えたという感想をくれた人たちもいます。

直接伝える機会がつくれない今、一人でも多くの少女たちにメッセージを届けるため、≪『難民高校生』1000冊贈ろうプロジェクト≫を始めます。

英治出版様より昨年寄贈いただいた書籍を活用し、仁藤による直筆メッセージを添えて、1000冊を10代の方に贈ります。通常1冊400円ほどかかる送料は、Colaboが負担します。

『難民高校生』を中高生や自身の関わる10代の方に贈りたいという支援団体や教育機関の方からのお申込みを想定していますが、10代の方ご本人や、個人的に贈りたい10代の知人がいるという大人の方はご相談ください。ご希望の方は、申し込みフォームからご連絡ください!

※大人の方の使用目的での申込はご遠慮ください。
※現在、コロナの影響で相談が急増しているため、返信や対応が遅くなると思われます。ご理解ください。

【申し込みフォーム】
https://bit.ly/3dxF7qC

・申込者のお名前、所属、連絡先
・送付先住所(国内に限る)、担当者、連絡先
・希望冊数
・活用方法 などをお知らせください。

チラシダウンロード


コラボよりご支援のお願い